演歌の歴史

金閣寺

演歌と言えば昔から日本の代表的な曲としてイメージがありますが、実は演歌の歴史は意外と浅く40年ほどの歴史です。昭和20年頃には演歌と言うものは殆どなく、人気があったのは洋楽などをカバーした曲が目いんでした。 若者向けの曲として出された曲として演歌が作られましたが、当初の演歌には独特のこぶしや唸りといった歌い方ではありませんでした。ですが、歌い方もこぶしや唸りを取り入れた独特なものが主流へと変化してきました。 その後、演歌といえば日本の曲というイメージから和服で歌うスタイルが定着していき、特に年配の人に人気のある曲へと変化したのです。やがて時代が変わっていく中で曲を歌う歌い手の人に若い人が登場しはじめ、歌うスタイルもスーツ姿でリズミカルな曲が増えてきました。

演歌とは年配の人が好む独特のこぶしがあり和服で日本独特の曲というイメージがありますが、最近では変化がでてきています。歌う人は年配者というイメージがありましたが、最近では歌い手の人に若い人がでてきており若者への進出がでてきました。 日本人だけではなく世界にも広く演歌は進出しており、最近では歌う人も日本人ではなく外国の方で歌う人などが出てきています。世界的にも日本を好む外国が増えてきており、日本の文化や風情といった物を好むと同時に人気です。 日本独特の人情だったり粋といったことやおもてなしといった心を、演歌は表現しているということで外国の人で好む人が増えています。日本の独特な文化や食生活のほかに、演歌という歌自体がこれから海外へと広がっていく傾向です。